【MHW:I】「鳴神上狼、荒事を成す」の攻略法やコツを紹介する。【装飾品集め】

お久しぶりです。

今回は5月22日の修正で報酬が激増し(封じられた珠の数が1→2に)ものすごく流行っているクエスト「鳴神上狼、荒事を成す」の攻略法をまとめます。今回は久々に動画も撮ったからそれも見てね。

6月15日追記:タイム更新したから動画差し替えました

【MHWI】鳴神上狼、荒事を成す 片手剣 ソロ 3分21秒【歴戦ジンオウガ】

クエスト概要

歴戦ジンオウガの狩猟

・目的地:古代樹の森

・報酬:封じられた珠2(確定+1%?)、刻まれた珠いっぱい

絵で説明するとこういうクエストです。

初期位置

ジンオウガの初期位置はランダムで3パターンあります。全ての場所に移動しやすい北西キャンプ(エリア8)からスタートしましょう。

エリア7:早々に止めないと細道まで移動してしまい非常に戦いづらくなるので注意。

エリア8:アンジャナフ亜種と合流しやすいエリア。戦いやすい。

エリア12:落石あり。スリンガーを当ててから落石までの時間が長く、戦闘の流れで当てるのは難しいので開幕に誘導して当てるのがオススメ。マップ上にバフバロがいると高確率でグダグダになる。

エリア移動時の注意

エリア移動するジンオウガにクラッチして一緒に移動するやり方は便利ですがマルチでは次のエリアに入る前に傷をつけて降りましょう。

そのままジンオウガと一緒にエリアに入ってしまうとジンオウガが後追いの仲間を追いかけてしまい細道で交戦→すぐにまたエリア移動ということになってしまい大変です。

瀕死時

クエスト終わりの40秒短縮が非常に大きいので捕獲を目指しましょう。瀕死移動が始まったらスリンガー貫通弾で怯ませるとしばらくエリアにとどまってくれるので、瀕死前には必ず弾を拾っておきましょう。睡眠弾が撃てるボウガンなら瀕死時に睡眠をとるのもオススメです。非帯電時にはシビレ罠で大丈夫ですが超帯電時はシビレ罠が効かないので必ず落とし穴を持ち込み、皆で協力して罠に誘導しましょう。

ジンオウガの弱点

弱点は前脚です。属性の弱点は。前脚の傷は左右共通扱いで、1回目でクラッチ怯み、2回目で転倒になります。超帯電時は全体的に肉質が柔らかくなり、氷がより通りやすくなります。今作のジンオウガは後脚・胴体が非常に硬く、属性の効きも悪いのでしっかり弱点を狙いましょう。

怒り状態と超帯電状態

非帯電時にはダメージ蓄積で怒り移行することはなく、ぶっ飛ばしでのみ怒り状態になります。充電行動を4回することで超帯電状態になります。また、シビレ罠を使うことでも超帯電状態になります。超帯電状態はダメージ蓄積で解除され、そのとき怒り状態だった場合はそれも解除されます。

怒り状態・超帯電状態になる前には必ずバックステップ→咆哮、怒り状態が解除されるときには軽く威嚇するモーションが入るのでそれを予測して攻撃チャンスにしましょう。

各攻撃の対処法

頭突き→派生技(非帯電時)

頭突き後のハンターのいる位置によってその後の派生技が変化します。
①ジンオウガの前脚側(横)にいる場合:タックル
②ジンオウガの尻尾側にいる場合:尻尾振り回し
③ジンオウガの前方にいる場合(頭突きを食らった場合):バックステップ→飛び掛り→周囲への落雷(充電)

③の落雷派生は攻撃しづらく、チャンスの充電モーションの回数も減ってしまうのでなるべく派生させないように立ち回りましょう。

捕食攻撃

判定の出が早いので気持ち早めに回避するといいです。食らった場合は非帯電時には落雷(充電)に、帯電時には強お手に派生します。

回転雷光飛ばし(怒り&超帯電時)

中距離だと避けづらいので周囲に雷光虫を撒き散らす予備動作をしたら素早く頭付近に接近するといいです。

連続ジャンプ前脚攻撃(超帯電時)

ソロなら2回、マルチなら3回連続でやってきます。前脚で地面をひっかく予備動作をしたらすぐに回避しましょう。連続で同じ人を狙うことはない(ソロ時を除く)ので3回目にターゲットになった人を予測して接近できれば大きなチャンスになります。

コンボ攻撃(超帯電時)

頭突き・お手・飛び掛り・尻尾叩きが来た場合はコンボ攻撃が始まります。1発目の攻撃後のハンターの位置によって派生パターンが変化するので自分のチャンスに変えやすい攻撃を誘発しましょう。怒り時にはコンボの最後にもう1発攻撃が追加されます。

※カッコ内が誘発位置、赤字になっている箇所が怒り時に追加される技です。

頭突き→(前方)バックステップ→飛び掛り→強お手→背中ビターン
頭突き→(横)タックル→尻尾回転
頭突き→(後脚付近)尻尾振り回し→尻尾回転

お手→(前方)お手→強お手→強お手
お手→(前方以外)尻尾ビターン→尻尾回転→背中ビターン

飛び掛り→(前方)お手→強お手→強お手
飛び掛り→(横)タックル→尻尾回転
飛び掛り→(後脚付近)尻尾振り回し→尻尾回転

尻尾叩き→(後脚付近)尻尾振り回し→尻尾回転
尻尾叩き→(後脚付近以外)尻尾ビターン→突進→背中ビターン

お手の回数は変動あり。パターン多いので抜けあったらゴメンナサイ。

カウンター攻撃(怒り&超帯電時)

背中ビターン・尻尾回転・強お手のときに大きなダメージを与えるとやってきます。
この攻撃も1発目のお手の後のハンターの位置によってその後の派生技が変わります。

①ジンオウガの前方にいる場合:強お手2連
②ジンオウガの前方以外にいる場合:尻尾ビターン→背中ビターン
(一応遠距離からカウンターをとると飛び掛り派生になるけどレアパターンなので省略)

カウンターのコンボ終わりに大きなダメージを与えた場合にもカウンターに派生するのでやり方によってはカウンターループも可能です。

装備

装備一例

ソロ用。動画でも使ってたやつ。
PT用。動き回ったときに旋回斬りが多くなるので風漂を採用。

火力スキル

超会心+会心100%は基本として自分が必要な生存スキル・武器ごとの必須スキル・所持装飾品と相談して可能な限り攻撃・挑戦者・フルチャージ・逆恨みなどで火力アップを目指しましょう。

属性で行くなら氷属性攻撃強化6+龍脈覚醒+マム武器がオススメです。

オススメ生存・補助スキル

体力増強:定番。

耳栓3:ジンオウガの咆哮以外にも邪魔な乱入モンスターの咆哮にも有効。

回避性能:フレーム回避できる行動が多いので避けるのが簡単になる。

属性やられ・雷耐性20気絶無効:乙原因の多くは気絶が絡むので被弾が多い場合には付けると事故が少なくなる。

強運刻まれた珠(レア11以下装飾品)が欲しい場合には有効。封じられた珠は確定の2個以外はほぼ出ないので報酬枠を増やす強運をつけても効果は薄い。

散弾ハメについて(火力側の簡単な説明だけ)

装備一例

手順
①隠れ身の装衣を着る
②特殊照準装着(アイテム欄で選択 or L2+△○)
③適正距離の設定変更(L2+R1+右スティック↓、最初の1クエ目だけ設定すればOK)
④オウガの誘導が完了したら強打の装衣を着る
⑤撃つ
⑥クエスト終了(戻り先選択をキャンプ、散弾を調合)
⑦探索状態になったら北西キャンプに移動、移動後クエストを受注(飯なし)
あとは繰り返し

イレギュラーがあった場合に備えて罠持ち込みやツブテの実拾いをしておくと良いです。
人によって手順の違いはあると思うのでサポに従ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です